大阪市のインターナショナルスクール「ブリッジインターナショナルスクール」

ブリッジインターナショナルスクールとは

  • HOME »
  • ブリッジインターナショナルスクールとは

殆どのお子さんが卒園までに英語を話すことができるようになります

 

アメリカ人の先生によるネイティブな英会話を通じて、本物の英語の発音に重点をおいた英語教育を展開し、日常の交流から国際色豊かな子供を育んで参ります。

過去の教育の中で試行錯誤を繰り返す事により、今では殆どのお子さんが卒園時にネイティブな英語を話す事ができるようになる事が可能になりました。

その成果を是非ご家族の方に実際に園児の様子を知って頂きたく、日頃より体験や見学を受け付けております。

他のインターナショナルスクールと比較して頂き、私達が長年にかけて蓄積したノウハウにより先生達に愛情を注がれ、英語を楽しそうに話す園児達を是非見学して頂きたいと考えております。

日本人のお子さんでも卒園までに英検準2級程度までの合格実績もございます。詳しくはお問合せ下さい。

見学、体験についてはこちら

英語×右脳教育が可能にするネイティブな英語

私達は開園した時より英語教育についての研究を日々続けて参りました。その中でも英語学習においては右脳教育を取り入れる事により効率が最大限に上がる事が確信しているため

日頃より右脳教育に定評のある七田式の右脳教育を取り入れて実践しております。

右脳教育はフラッシュカードのイメージが強い方が多いと思いますが、最大限の効果を発揮するためには心の教育が大切となります。

私達は園児達の生まれ持った力を引き出すために認める事、褒める事、そして愛する事を徹底して行っているからこそ今の実績を保つ事ができます。

自ら考える事を習慣とし、生きる力を養う

私達は学力のみならず思いやりのあるお子さん、生きる力のあるお子さんに成長して頂きたいと考えております。

そのためには日頃より教育を詰め込むのではなく、自分自身でよく物事を考え行動するように促し、子供達が将来、志を持って社会の中で活躍できるように

生まれ持った能力を引き出すお手伝いをさせて頂きます。

日々子供達と触れ合っていて感じることはどの子も私達が想像できないような才能を持っているという事です。

その才能を伸ばしてあげる事ができるよう、私達は日々愛情を持って子供達の成長をサポートしていきたいと考えております。

園長の想い

子供たちは私にとっても宝であり、かけがえのない存在です。
101パーセントの力を出し続けます。
それが私の義務であり、誠実さです。

I’m a humble servant of the kids.
I’m a hard worker, with self initiative.
Even if no one is there to supervise my work or my duty, I’m still doing it 101 percent. It’s called integrity.

 

園長 デリック・アントニオ -Derick Antonio-

 


概要

園の名称 ブリッジインターナショナルスクール -BRIDGE International School-
園長 デリック・アントニオ -Derick Antonio-
所在地 〒546-0012 大阪府大阪市東住吉区中野4-9-15 2F
電話番号 06-6702-1220
FAX番号 06-6702-1220
メールアドレス secretariat@bridge-interschool.com


PAGETOP
Copyright © BRIDGE International school All Rights Reserved.
Translate »